雲南地区委員会



秋のわくわくパーティー「お灸こうざ」を開催しました           雲南地区委員会

2018年10月4日(木)西日登交流センターにて雲南地区委員会は秋のつどい「お灸こうざ」を開催しました。26人の参加がありました。
IMGP8535講師は3歳の娘さんを子育て中の鍼灸師、地区委員の吾郷希穂さんにお願いしました。
赤ちゃん連れの若いお母さんから、お孫さんがいらっしゃる世代まで、男性も来てくださって、会場いっぱいの参加がありました。

はじめに、吾郷さんご自身が近年身内の方を相次いで見送られたという経験のお話しがあり、だからこそ鍼灸を「自分でできる日々の体のメンテナンス」として多くの人に身近に利用してほしいという思いを語ってくださいました。

IMGP8538そのあとは、手軽に使えるお灸「台座灸」を使ったセルフお灸の実践です。万能のツボと呼ばれる手にあるツボ・合谷や、今回のテーマでもあった「美味しい秋を満喫できる」ツボ(胃の不調に効く)足三里、女性特有の症状に効く三陰交と様々なツボにお灸を“自分で”据えました。

講師の吾郷さんは、一人ひとりの手足にさっと触れ、各自のツボに印をつけながらも「冷えやすいようですね。それには…」とそれぞれアドバイスをしたり、質問に答えたりされていました。

参加者も、もくもくと立ち上るお灸の煙のなか、隣の人とおしゃべりしたりと和やかな雰囲気でした。
IMGP8547一時間半のお灸こうざは、あっという間に終わり、最後はクリスマスケーキを試食しながら、雲南地区委員会がそれぞれオススメのグリーンコープ商品の実物を持ってきて紹介したり、グリーンコープでんきについて話をしたりと、利用者の視点でグリーンコープのことをもっと知ることができたつどいとなりました。
IMGP8554

 



知っておきたいお金のはなしを開催しました       (雲南地区委員会)

 2018年6月21日(木)西日登交流センターにて雲南地区委員会は知っておきたいお金のはなし開催しました。13人の参加がありました。

 

講師に枝広由紀さんをお迎えし「知っておきたいお金のはなし」として保障の見直し学習会を開催しました。

IMGP8206

まず、家計改善への近道として固定費の節約は見直しすることで大きな効果があり節約が毎月続くと教わりました。

 

その中で「保障」の見直しをチェックし、保障の基本は公的保障であり保険はプラスして任意で利用するものという事を実際に計算ワークシートに記入しながら学びました。

 

そして、教育資金、老後資金についてもシミュレーションをしました。講師の枝広さんの実際に体験されたお話は、お聞きしていてとてもわかりやすく共感でき、説得力があり参加された皆さまから多く質問がありました。

IMGP8203

共済カタログを持ち帰られた方が複数おられ、有意義な学習会となりました。


試食にパプアチョコカスタードシュークリーム、食塩無添加アーモンド、ネパールのイラム紅茶をノンホモ牛乳でミルクティーにしていただきました。

 

早速、この学習会での学びを実践してみようと思います。
ありがとうございました。



雲南地区委員会のお知らせ

雲南地区委員会のお知らせを掲載していきます。