春のわくわくパーティーを開催しました
          (まつえだんだん委員会)

2019年2月27日(水)JAしまね くにびき地区本部San・san館にてまつえだんだん委員会は春のわくわくパーティー「鶏肉の学習会」を開催しました。
大人29人、子ども8人の参加がありました。DSC067852019年2月27()JAしまね くにびき地区本部 San・san館にて、春のわくわくパーティーを開催しました。今回は山口県から秋川牧園さんをお迎えし、産直鶏の学習会を行いました。

産直鶏についてまずは座学をし、秋川牧園さんの概要やグリーンコープの鶏肉のこだわりを教えて頂きました。DSC06784日光があたり、風が入る明るい開放鶏舎の中で、自然に近い形で平飼をし、一般的に流通している鶏肉よりも長い日数をかけてじっくり育てられていること、エサにもこだわり、全てnon-GMO(遺伝子組み換えしていない)飼料で育てられ、動物由来の飼料を全く使っていないことを学びました。DSC06804座学が終わるといい匂いがし、“産直若鳥 丸鶏ローストチキン”が焼け、全員で試食しました。切り分け方から教わり、もも、胸、ささみ、手羽先、手羽元など、部位ごとに分けて、食べ比べをしました。DSC06814焼きたてのチキンは、どの部位もやわらかく、皮もパリパリで美味しく頂きました。余った骨を鶏がらスープに使えることを聞き、余すことなく一羽を頂けることを嬉しく思いました。DSC06816今回、秋川さんのお話を聞いたり試食をして、ひよこから我が子を育てるように、温度も肌で感じて調整されておられたり、抗生物質・合成抗菌剤等の薬剤を使わず、ストレスをかけないように配慮しておられ、私たちの手元に届く鶏肉は、こだわりのつまった産直鶏や卵なんだなと改めて実感しました。DSC06793☆美味しく食べる一番のポイント!☆

肉の旨みを出さないように、調理する数時間前に冷凍庫から冷蔵庫へ移し「ゆっくり解凍する」のがオススメだそうです。(急いで解凍する場合は、ポリ袋に移し、水が入らないように密閉して水につけて解凍<一時間程度>します。流水にさらせば更に早く解凍することができます。) お試しください!

 

Comments are closed.